Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル検索 » FindメソッドでみつかったRangeの行番号を取得する

FindメソッドでみつかったRangeの行番号を取得する

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013

「エクセル マクロ find 行番号を返す」
「エクセル2010 vba find 行番号の取得」
「vba 文字列検索 セルの位置 find 行番号」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

RangeオブジェクトのFindメソッドを使って検索を行い、みつかったセルの行番号を取得するには、どんなVBA(Visual Basic for Applications)のコードを書けばいいのか探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

FindメソッドでみつかったRangeオブジェクトの行番号を取得するサンプルマクロ

参考になりそうな簡単なマクロをご紹介しておきます。


Sub 北海道という文字列を探して行番号を取得する()
 MsgBox Range("A1:G7").Find("北海道").Row
End Sub

セル範囲A1:G7の、いずれかのセルに「北海道」という文字列を入力しておいてから、上記のマクロを実行すると、「北海道」と入力されているセルの行番号が、メッセージボックスに表示されます。

サンプルマクロの解説

RangeオブジェクトのFindメソッドは、ヘルプやオブジェクトブラウザーで確認するとわかるとおり、

FindメソッドでみつかったRangeの行番号を取得するExcelマクロ

みつかったセルを表すRangeオブジェクトを返してきます。

Findメソッドを使ったときに限らずRangeオブジェクトのRowプロパティを使えば行番号を取得することができます。

上記のマクロでは、メッセージボックスに表示するため、
 MsgBox Range("A1:G7").Find("北海道").Row
としていますが、例えば、Long型の変数・row_numに、行番号を代入するのならば、
 row_num = Range("A1:G7").Find("北海道").Row
というコードです。

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル検索 » FindメソッドでみつかったRangeの行番号を取得する

TrackBack:2

TrackBack URL
Excel VBAのFindメソッドでNothing判定を行ってエラーを回避する from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)VBA(Visual Basic for Applications)のRange.Findメソッドでセルが見つからなかったときのエラ...
Findで検索したRangeの列番号を取得する from インストラクターのネタ帳
Range.FindメソッドでみつかったRangeオブジェクトの列番号を取得する簡単なマクロをご紹介しています。

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル検索 » FindメソッドでみつかったRangeの行番号を取得する

「セル検索」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.