Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Charactersオブジェクト » Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

「selection.phoneticcharacters.delete 2010」
という検索キーワードに気づきました。

選択範囲のフリガナを削除するVBAのコードを探していた方による検索でしょう。
「phoneticcharacters.delete」と検索したということは、PhoneticCharactersといった名前のオブジェクトが存在し、そのDeleteメソッドを使えばフリガナを削除できると推測したのでしょう。

[スポンサードリンク]

Characters.PhoneticCharactersはオブジェクトを返すプロパティではない

残念ながらPhoneticCharactersといったオブジェクトは存在せず、PhoneticCharacters.Deleteといったメソッドも存在しません。

オブジェクトブラウザーで「phoneticcharacters」を検索するとわかるとおり、Excel VBAの場合、PhoneticCharactersという名前のプロパティは、Charactersオブジェクトに存在します。

Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

このCharacters.PhoneticCharactersプロパティは、オブジェクトブラウザーの詳細ペインに「As String」と明示されているとおり、文字列データを返します。2種類のプロパティのうち、単なるデータを返すプロパティです。

Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

Characters.PhoneticCharactersプロパティは、
「selection.phoneticcharacters.delete 2010」
と検索なさった方が期待していたような、オブジェクトを返すプロパティではありません。

単なるデータですから、PhoneticCharacters.Deleteといったメソッドも存在しません。

Characters.PhoneticCharactersプロパティが文字列を返すことをクイックヒントで確認する

ちなみに、Characters.PhoneticCharactersプロパティが何を返すのかは、コードウィンドウでも確認できます。

コード上でショートカットキー[Ctrl]+[I]を押すと、下図のように文字列データを返すことを示す、クイックヒント「As String」が表示されます。

Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

VBAでフリガナを削除するには

Characters.PhoneticCharactersプロパティは、設定も可能なプロパティですから、空白文字列を代入してやればフリガナを削除できます。

最終更新日時:2018-11-12 05:32

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Charactersオブジェクト » Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » Charactersオブジェクト » Characters.PhoneticCharactersは単なるデータを返すプロパティ

「Charactersオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.