Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAでFindプロパティの戻り値は?

Word VBAでFindプロパティの戻り値は?

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2005 ビルド12827.20336 Microsoft Store)

「ワード VBA find 返り値」
「word vba find 戻り値」
という検索キーワードで、時折アクセスがあります。

Word VBAの、Findプロパティの戻り値が何なのか、調べていた方による検索です。

プロパティやメソッドの定義を調べるなら、拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』で繰り返し利用している、オブジェクトブラウザーを使いましょう。

オブジェクトブラウザーでfindを検索すると

オブジェクトブラウザー内で右クリックして表示されるショートカットメニューで[完全に一致する単語を検索]オプションをOnにした状態で、[ライブラリ/プロジェクト]ボックスで「Word」を選択して「find」を検索すると、

上図のとおり3件ヒットします。
Findオブジェクトと、RangeオブジェクトのFindプロパティと、SelectionオブジェクトのFindプロパティです。

Range.Findプロパティ・Selection.Findプロパティいずれも、詳細ペインにはいずれも、
  Property Find As Find
と表示されています。

つまり、Word VBAのFindプロパティの戻り値は、Findオブジェクトです。

Findプロパティの戻り値であるFindオブジェクトがどのようなオブジェクトなのかについては、別記事で。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAでFindプロパティの戻り値は?

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » Word VBAでFindプロパティの戻り値は?

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.