Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル数式 » 数式を別のセルに表示するユーザー定義関数


数式を別のセルに表示するユーザー定義関数

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

以前、「数式や関数の表示や印刷をしたい」というネタをご紹介しました。

数式の計算結果ではなく数式そのものを表示・印刷するために、[オプション]ダイアログで設定したり、[Ctrl]+[Shift]+[@]キーを使って、表示を切り替えるという方法でした。

この数式そのものを表示・印刷したいというのと似たような件で、
あるセルに入っている数式を別のセルに表示するにはどうすればいいのか?
数式と計算結果ともに表示・印刷するにはどうすればいいのか?
というご質問をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]

VBAを使って簡単なユーザー定義関数をコーディングしてやることで実現できます。


▼数式を表示させるユーザー定義関数
Function ViewFormula(セル As Range) As String
 ViewFormula = セル.Formula
End Function

上記のコードをVBE(Visual Basic Editor)を起動して標準モジュールに貼り付ければ、通常のワークシート関数と同様に使えるようになります。

例えば、A3セルに「=SUM(A1:A2)」という数式が入力されているときに、A4セルで「=ViewFormula(A3)」とすれば、A4セルには「=SUM(A1:A2)」という数式が表示されます。

この状態で印刷すれば、数式と計算結果両方印刷することができます。

引数はあくまで単独のセルを選択してください。セル範囲を指定した場合は#VALUE!エラーとなります。

関連語句
自作関数
[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル数式 » 数式を別のセルに表示するユーザー定義関数

TrackBack:4

TrackBack URL
ユーザー定義書式を表示させたい from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 ユーザー定義関数を使ってセルに入力されている数式を別のセルに表示させる方法を、ご紹介しました。 似たようなことですが、 セルに設定されている表示形式を別のセルに表示させたい という要望をセルの書式設定の重要性に気づいた方から...
ユーザー定義関数の説明をダイアログに表示 from インストラクターのネタ帳
対象:Excel 97,2000,2002,2003 このサイトでもこれまでいくつかユーザー定義関数をご紹介してきました。 ・ファイルの最終更新日時を取得したい−LastSaveTime関数 ・数式を別のセルに表示させたい−ViewFormula関数 ・ユーザー定義書式を表示させたい−ViewFormat関数 ...
計算式をセルに表示−メニュー操作 from インストラクターのネタ帳
Excel 2002,2003 [オプション]ダイアログ−[表示]タブ−[数式]チェックボックスや、ショートカットキー:[Ctrl]+[Shift]+[`](アクサングラーブ)で、数式表示と通常の計算結果表示を切り替えられることをご紹介しました。...
数式を文字列に変換するマクロ from インストラクターのネタ帳
対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010 「エクセル 数式を文字列に変換」 という検索が行われていました。 このサイト・イン...

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » セル数式 » 数式を別のセルに表示するユーザー定義関数

「セル数式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.