Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » アクティブページを選択するWordマクロ

アクティブページを選択するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

アクティブなページ・現在のページを削除するWordマクロをご紹介しました。

削除ではなく、VBA(Visual Basic for Applications)を使ってアクティブなページ全体・現在のページ全体を選択したい、ということもありそうです。

このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスログを眺めていると、
「word vba ページを選択」
「ワードvba ページ選択」
といった検索キーワードでのアクセスも見かけます。

ここでは参考になりそうな簡単なマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

アクティブページを選択するサンプルマクロ

以下のようなコードで、現在のページ・アクティブなページを選択することができます。


Sub アクティブページを選択する()
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Select
End Sub

削除マクロと選択マクロの違い

アクティブページを削除するマクロと、考え方は勿論よく似ています。

削除の場合は、
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Delete
でしたが、選択は、
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Select
です。

BookmarkオブジェクトにはDeleteメソッドもあるので、

アクティブページを選択するWordマクロ

選択の、
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Select
というコードを知ると、削除のほうも、
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Delete
ではなく、
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Delete
でいいのではないかと考えてしまう方がいらっしゃるかもしれません。

が、これではダメです。

BookmarkオブジェクトのDeleteメソッドは、あくまでもBookmarkオブジェクトを削除するメソッドであって、ページを削除するメソッドではありません。

ですから、既にご紹介している
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Delete
というコードのとおり、一旦Rangeプロパティでページ全体を表すRangeオブジェクトを取得して、そのRangeオブジェクトをDeleteするという手順が必要です。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » アクティブページを選択するWordマクロ

TrackBack:2

TrackBack URL
テキストボックスだけを選択するWordマクロ from インストラクターのネタ帳
アクティブなページ上に存在するテキストボックスだけを選択するWord(ワード)マクロをご紹介しています。
VBAでWord文書のページ全体を取得・選択する from インストラクターのネタ帳
Word(ワード)のページを選択するVBA(Visual Basic for Applications)のコードをご紹介しています。

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Selection » アクティブページを選択するWordマクロ

「Selection」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.